たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

冷やしトマト、いろいろ

おうち居酒屋でもスピードメニューは人気

 冷蔵庫からトマトを取り出してスライスするだけ!
 ササっと用意できて美味しい冷やしトマトは、我が家の居酒屋ごっこでは人気定番メニュー。
 本日は、そんな冷やしトマトをもっと美味しく、アレンジを利かせてみました。というお話をさせていただきます。
 
 御興味お有りの方は、どうぞゆるりとお付き合いくださいませ。

 

和洋中なんでも!

 トマトって、冷やしても火を通しても美味しく食べられる、懐の広い野菜だと思います。

 そして和洋中、どんなジャンルの味付けでも受け付けちゃう。

 だから、冷やしトマトだってマヨネーズだけで満足するのはもったいないのかも?と思ったのが、研究の始まりでした。

 

 今回もまた、オススメのお酒の組み合わせを添えています。

 
山形風?冷やしトマト

 
 山形の郷土料理『だし』風に、刻んだ野菜を白だしに漬け込んだのを具沢山ソースのようにかけてみました。
 『だし』は、きゅうりとナス、青じそミョウガ、生姜、ちりめんじゃこをひたひたの白出汁に漬けて一晩寝かせたものを使っています。
 
 よく冷えたトマトをスライスして、その上に『だし』をたっぷり惜しみなく。
 冷酒はもちろん、スーパードライのような淡麗系のビールにぴったり。
 
イタリアン冷やしトマト

 

 スライスしたトマトに、揃えた材料を振りかけていくだけ。

 スピードメニューの真骨頂みたいな手軽さですが、食べた家族は「イタリアンの味がする」と首をひねりながらガツガツ食べていました。ふっふっふ。

 

 トマトに振りかけるのは、オリーブオイル、バルサミコ酢ローズマリー(我が家には乾燥ものしかありませんが、フレッシュな葉を使うと更に風味がよろしいかと)、粉チーズ。

 

 チーズはパルメザンがさっぱりして美味しいと思います。

 ビールはエールが合うんじゃないかな。冷やした白ワインはバチーンと合います。

 
カツヲのタタキ風(でも中華風)冷やしトマト

 

 カツヲのタタキに合せる薬味をどっさり乗せてみたら、なんだか中華の前菜のような風味に。このような化学反応も「旨けりゃOK」で受け入れられるのが、おうち居酒屋の気軽さ……なのかしら?

 

 粗く千切りした生姜とミョウガをどっさりトマトの上に乗せたら、ごま油と醤油を回しかけます。

 この日はパセリを使い切りたかったので、粗みじんにして散らしました。うーん、これも中華風になった要因かもしれない。

 ビールは何でも合うと思います。ていうか、ビールが一番のオススメ。

 

いかがでしたか?

 暑い季節はトマトが恋しくなります。
 
 食養生の観点では、トマトは体にこもった熱を冷ましてくれて潤いをもたらす、夏に積極的に取りたい食材なのだそうです。
 
 西洋医学的にも美肌を目指したい人にオススメだとか。夏の紫外線でダメージを受けた肌のシミなどを防ぐんでしたっけ。
 
 どんな効果があるにせよ、食べてみて「美味しい!」と感じることができるならば、それは体が欲しているからだ!と私は考えています。
 なるべく少ない味付けで、トマトの味を最大限に味わい尽くせば、自然と笑いが込み上げてきて楽しくなって元気になれる……人は笑うと免疫力が上がるそうですよ?
 
 皆様も、どうぞ楽しい食卓を囲んで、元気にお過ごしくださいね(^^♪ 
 

というわけで

 本日はここまで。
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 またね~バイバイ(ΦωΦ)♪