たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

積み残し案件を黙々とこなす水曜日 11月25日

閃きと諦めの攻防

 皆様、どんな一日をお過ごしでしたか?
 本日は以下の内容で活動報告させていただきます。1412文字です。
 御興味お有りの方はどうぞゆるりとお付き合いくださいませ……。
 

今日のできごと

 昨日までの遅れを少しでも取り戻したくて、積み残したタスクから少しずつ片付けていった一日でした。
 途中「そうだ!これを取り入れてみたら……いや、そんな余裕はない。人員的にも金銭的にも」を何度となく繰り返して、大変にストレスフルでしたけれども。
 アレコレ閃きはするのですが、置かれた状況や立場では制限があり過ぎてにっちもさっちもいかんのです。
 ジッと耐えがたきを耐えるターン、継続中ですのでね。

 そんな中、ちょっとモヤっとすることが。
 天気予報を見たくて、たまたま着けたテレビのニュース番組に、どこかの観光地に遊びに来てるのだろう親子連れが映りましてね。ご丁寧にどこから来たのかのテロップ付きでして。お父さんかな?差し出されたマイクに向かって仰ってました。
 「今はこんな状況なんでねえ……我慢の時期ですよね。うちもいろいろ諦めてること多いですよ」云々。
 我慢して諦めて、か……観光地で。ふむ。
 テレビの取材に、笑顔で答えちゃうんだ。なるほど。
 説得力って、なんだろうな?
 ちょっと……いや、かなり意地悪な気分になりましたので、そこからはテレビ見ないことにしました。
 天気予報はネットで調べれば事足りたので、良しとしました。

 医療従事者の方々が少しでも負担軽減しますように。
 病院に通院・入院している方々が、安心して穏やかに療養に専念できますように。
 応援するとともに、うがい・手洗・マスク・消毒・不要不急の遠出や三密の回避を、徹底していきましょう。
 
 
文筆活動
 note……臨時連載『妖異の前置き』
 瞬発力と閃きを、少しずつ取り戻している手応え。
 
 
ねこ
 今朝は雨降りスタートでした。
 寒くて、日差しがしっとり重くて。
 にゃんこ先生も「二度寝はお布団に限るな」って感じでした。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by たま (@kuroneko_tam)

 
 

いかがでしたか?

 怒涛の書き物ラッシュを仕掛けるにはまだ時間がかかりそうだけれど、勘を取り戻しつつあるなという実感があります。
 ちょっとずつ、ちょっとずつ……。

 運命とか必然とか、私はあんまりそういうのを重要視してないんですね。
 何故なら『よくわかんない』から。
 占い師(永遠の見習い)でしょ?と仰る向きもありますが、わからないものはわからないですし、霊感だって無いですからね。
 私は「占いに霊感は必要ない派」です。
 極論ですけれど、私にとって占いって危機管理系未来予測の一種なのです。
 危機を察知するツールとしての『直感』は、いわば動物的本能であり、プリミティブな脳の一部を呼び覚ますことで機能する……と考えています。
 なので、直感や第六感といったものは馬鹿にせずに、拾っていくタイプ。

 なぜこんな話をするかというと、今まさに自分の本能つまり直感と向き合いつつ、コンディションを整えていっているから。
 今を乗り越えることで、もしかしたら……や、此処から先はまた今度書くことにしましょうね。
 
 

というわけで

 本日はここまで。
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 またね~バイバイ(ΦωΦ)♪