たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

新耳袋 第四夜

新耳袋―現代百物語〈第4夜〉 (角川文庫)
木原 浩勝 中山 市朗
角川書店
売り上げランキング: 121405

 この本も2011年の大晦日に読み終えたものです。


 さすがにここまで来ると「この手の話が好きで好きで……」という人でないとキツイかなという印象。もちろん私は好きなほうなので、ちっとも苦にならずに読めてしまったのですけれども。


 特に心に残ったのは二十一話。
 夏目友人帳とか蟲師みたいな話で、怖いというよりも不思議よねえという気持ちが先に立ちました。こういうタイプのお話し、ツボです。