たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

定休日明けての、木曜日 6月3日

リフレッシュの手応えを感じるのが大事

 皆様、どんな一日をお過ごしでしたか?
 本日は以下の内容で活動報告させていただきます。1879文字です。
 御興味お有りの方はどうぞゆるりとお付き合いくださいませ……。
 

今日のできごと

 
 目覚ましアラームが鳴る二時間前に起きました。
 枕がそろそろ合わなくなってきたのかもしれません。目・首・背中・腰がガチガチに固まっていて、なんとも残念な目覚めでした。
 どんなに気に入って使っていても、いずれは寿命がやってきます。
 健康を預けている寝具ならば、そのへたり具合は日々のパフォーマンスにも影響しますので、なるべくケチらずに且つ早急に買い替えを検討したいと思います。
 
 しかしまあ、なんというタイミングでしょうね。
 いろんなものが交換の時期に入っていて、まあまあの出費が重なります。
 頑張らないとね!
 
 
文筆活動
 
 note
 定期更新は今日もお休み。
 明日は『私とタロットのヨモヤマ話』ワンド編の更新をやる予定です。
 明日、明後日、明々後日の下拵えを粛々とやりました。
 
 
 次回出版予定電子書籍『猫又方途(仮題)』
 今日も推敲もりもり。
 眼精疲労にマッサージとビタミン剤がよく効いてくれることがわかったので、作業はそれなりに捗りました。文明の知恵、助かりますねえ。
 
 
読書
 
 三冊ほど併読
 御勉強用、趣味の本、kindle電子書籍
 それぞれを一冊ずつ、併読しました。
 趣味の本はサクサクと読み進むのに、御勉強は何度も同じ個所を行ったり来たりで遅々として読み進みません。
 まあ、こんなもんなのかな。自分の脳味噌との兼ね合い、客観的に知ること、大事です。焦っても仕方ないので。
 
 
くらし
 
 体のメンテナンス その2
 ストレッチは自分の体との対話なのかもしれないな、と思いながら行っています。
 伸ばしたり縮めたりしていると、意外な場所が痛気持ちよかったりして、無自覚な疲れに驚いたりもしますね。
 そうやって体の声を聞いていると、嗚呼、全身は繋がってるんだなあと改めて実感します。
 離れ小島のように独立している部位ってないのです、当たり前といえば当たり前なんですけれど。
 自分の体は筋肉や皮や内臓や、血流、リンパの流れ……何かしらで全てが繋がっているから機能しているのです。
 そう理解すると、たまたま見つけた枝毛の一本も、なんだか微笑ましくなるというか「面倒かけてすまないね」と労いたくなるというか、心を込めてハサミを入れたくなろうというものです。
 
 
 久しぶりに花を飾りました
 お花屋さんに立ち寄って、可愛く仕立てたブーケを。
 

f:id:tama_arai:20210603210402j:plain

ピンクのお花

 バラと……デイジーかな?お花の名前はあまり詳しくないし、すぐに忘れてしまうのですが、御部屋の一角をパッと明るくしてくれてとてもかわいいです。

 白いスイートピーとアイビーが脇を固めてくれて、甘々が苦手な私でもピンクを取り入れることができたのがとっても嬉しい!

 

 スイートピーですが、花が早々に散ってしまい寂しい思いをしていたところ、小さなサヤエンドウみたいな実が顔を出して吃驚しています。

 さすがはマメ科の植物、といったところですね。

 種が取れたら面白いなあとそのまま大事に活けています。

 アイビーは根っこが出てくるかなあ?こちらも楽しみです。
 
 

いかがでしたか?

 
 水星の逆行とか、正直をいうと全然ピンと来ていない私です。
 コミュニケーション不全ぎみだったり、通信障害だったり、そういうのが起こると「全部、水星のせい!」と納得してしまえるなら、それはそれで要らぬストレスを抱え込まなくていいかもしれません。
 が……私はなんとなく、水星に申し訳ないような気がしてしまうんですよね。
 自己肯定力が低めなので、悪いことが起きるとまずは自分の中に原因が無いか探ってしまう。ほどほどにしときましょう、と肝に銘じてはいますが。
 
 今、このタイミングでお花を飾ろうと思ったのは、ちょっと意味があるのかもなと思います。
 隣に座って香りを楽しんだり、カメラを通して話しかけたりしていると、時間を忘れてホッとしているのです。
 仲の良いお友達と顔を突き合わせてコミュニケーションを楽しむのはもう少し先……少なくともオリンピックとパラリンピックが終わってからになるかなあ?それまでの緊張感を和らげてくれる役をお花が引き受けてくれるのかもしれません。
 しばらくはお花屋さんをこまめに覗いて、お花のチカラを借りてみましょうかね。
 
 

というわけで

 
 本日はここまで。
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 またね~バイバイ(ΦωΦ)♪