たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

節目の月の札読み~新月から満月~

今日、9月17日は新月

 
 「節目の月」の札読みです。
 全てを吐き出した月は、再び満月を目指し蓄え始めます。
 
 新月から満月へ移行する間、どっちを向こうか?何をしようか?……
 みなさんが御自分で道を決める際の『参考の1ページ』をタロットから読み取りました、というお話をさせていただきます。
 占いはちょっとなあ、という方はブラウザバック推奨です。
 御興味お有りの方は、どうぞゆるりとお付き合いくださいませ。
 
 

新月雑感

 今回の新月~満月は――
  人生を軽やかに彩る達人が現れる。
  思い通りに行かないことも、間違えて天地を返してしまっても。
  全てを包み、慈しみ、笑顔に変えて。
 ――私のイメージはそんな感じ。

f:id:tama_arai:20200917015329j:image
 
 土・大地を連想させる札が強めな印象です。
 そこへシュワっと染み入る、冷たい水……。
 
 
そんな雰囲気を踏まえて、読んでいきます。
 
 
使用したデッキは
 
読んだ結果はこちら
 全体の印象として、自身の功績を称えよ、というメッセージをかなり強めに感じます。
 ゴールを見失っている方、ゴールに辿り着いているのに気付いていない方が多いのでしょうか?

 では、要素を解析して見ましょう。
 
メインテーマ

f:id:tama_arai:20200917015536j:image
 
 手段が目的にすり替わっていないでしょうか?
 既に成し遂げたことに対して「まだまだ、もっとだ……」としがみついていないでしょうか?
 
 一つの目標に邁進してきた、その自覚あればこそ「まだまだ高みを目指せる」と思ってらっしゃるのなら、この機会に御自身の変化や成果を確認してはいかがでしょう。
 鍵札のニシキゴイは『あなたにはその価値がある』と囁いているようです。
 
 積み上げてきた実績を振り返り「ここまで到達した!」という実感を味わうこと。
 それがこれまでの活動の疲れを癒すことにも繋がるみたい。
 
 
立てるといい目標とラッキーアクション

f:id:tama_arai:20200917015627j:image

 無理めの目標を立てて自分を鼓舞する!という作戦は、今回は見送った方が良いかも。
 これまでに蓄えたモノで御自身が輝ける、こんなことができるようになっていたとは!と実感できる、そんな実力試しのような目標を立てるのはいかがでしょう。

 新しい体験を通して外の世界に発見を見出すのではなく、振り返りを通して御自身の中の変化を確認して、実力のベースアップが為されていることを再発見する……そんなイメージです。
 ですので、ラッキーアクションとしては、過去にできていなかったことに再チャレンジがオススメ。成功しなくても大丈夫、前よりできる!という手応えが大事です。


まとめ
 人生は修業に例えられることが間々あります。
 ですが、一生涯厳しくつらい日々だけが続いていくとしたら?
 その生活の果てに待っているのは、慣れと退屈です。

 飢餓にも似た退屈は、更なる刺激を求めます。
 そうならないために目標地の設定や振り返りという知恵が有るのかもしれません。

 真面目に自己研鑽に励むことは決して悪い事ではないのです。
 が、しかし。そこにユーモアに包まれた自画自賛や到達点把握イベントなどを盛り込んだら、もっと色鮮やかで冒険しがいのある新たな地平が見えてくるのではないでしょうか?
 
ここで一つ、オヤクソクを
 古代、占いは政治や戦争の重要局面を左右する側面もございました。
 しかし現代は、お天気から株価の上下に選挙の行方まで、膨大なデータとその解析でもって予測する科学の時代。
 時代が下っても占いという技術が生き続けているにはそれなりの『わけ』がありますが、だからといって占いの結果が全て!と盲信するのは少々問題かと。
 
 科学には科学の、占いには占いの、それぞれの良さや得手不得手がございます。それはどちらも、人間が使う『道具』に過ぎないからです。
 道具は使い方によっては大変便利ですが、間違った使い方をすると大怪我に繋がります。
 
 あなたの人生の主人公はあなた、占いは地図や羅針盤
 人生を楽しく歩いていくために華を添える道具と捉えていただきまして、あくまでもご参考程度に。最終目的地を決めるのは、他でもないあなたですから!
 皆様のハッピー、陰ながら応援しております。


いかがでしたか?

 今回の新月は乙女座で起こるそうです。
 私はてっきり、もっとまじめに地道な努力を積みましょう!みたいな読みになると思っていたのですが、ちょっと違っていましたね。

 「真面目になり過ぎず、次の成長に向かって真面目に小休止してみたら……?」

 ある意味、生真面目といえばそうかもしれません。
 真面目な学級委員長が肩にポンと手を置いて、一息つきなよって言ってくれてるみたい……。
 

というわけで

 節目の月の札読み、乙女座新月編はここまで。
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 またね~バイバイ(ФωФ)♪