たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

節目の月の札読み~新月から満月~

今日、7月21日は新月。 

 「節目の月」の札読みです。
 全てを吐き出した月は、再び満月を目指し満ち始めます。
 
 新月から満月へ移行する間、どっちを向こうか?何をしようか?……
 みなさんが御自分で道を決める際の『参考の1ページ』をタロットから読み取りました、というお話をさせていただきます。
 
 占いはちょっとなあ、という方はブラウザバック推奨です。
 御興味お有りの方は、どうぞゆるりとお付き合いくださいませ。
 

もくじ

 気になるところにジャンプして読むことができます。

 

新月雑感

 今回の新月~満月は――
  満足の中から生じた不満。
  新しく生み出されようとする価値観。
  それらを厳粛に公平に統治する。
  新しいリーダー。新しいルールブック。
 ――私のイメージはそんな感じ。
 

 
 既存の枠ではどうにも制御が効かなくなったモノや人、事が独自のスタンダードを求める?
 拡散の前段階としての収束??
 
 そんな雰囲気を踏まえて、読んでいきます。
 
使用したデッキは

 

読んだ結果はこちら

  まず、全体の印象から。
 大アルカナ三枚。オセロゲームのように分かりやすく引っ繰り返るというよりも、大きな『うねり』の中で短期間のうちに揉みこまれるという感じ。
 揉み込みの前と後では、状況がまるで違う!と戸惑うかも……。
 次の満月までが正念場、という方々が多くいらっしゃるのかもしれません。
 
メインテーマ

 
 捨てる神あれば、拾う神あり。
 
 スクラップ・アンド・ビルドの流れを掴んだら、勇気を出して乗ってみるのも一手だと思います。
 溺れるかもしれないという不安を乗り越えることに意味を見いだして。
 人間関係のシガラミやネガティブな思い込みで気を揉んでらっしゃる方なら、それらを捨てる大きなチャンスかも。
 

 思わぬところから援軍が現れて、濁流から引き揚げてくれるなんてことがあったりして!?
 
全く当てにしていなかった方面から手を差し伸べられて戸惑うかもしれないけれど、その手を掴むということ自体「新たな勇気のカタチを知るイベント」だったりして。

 
立てるといい目標


 実績を残すことを念頭に置いて、計画を立ててみましょう。
 
 具体的な数値目標を立てられるもの、仲間内で定期的に報告をしあって励まし合えるもの、等々。
 進捗状況を客観視できる勉強系はオススメ。
 
ハッピーをチャージするラッキーアクション 

 
 コミュニケーションを上手に。
 一人じゃない!と確認できたらOK。
 
 三密を避けましょう!という取り組みは依然として基本にありますが、電話やメールなど、気持ちを確かめあえるツールはいくつもあります。
 
 意外と、世界は愛で溢れてますよ。
 
まとめ
  前回の満月時から引き続き、既存の枠組み・スタンダードを飛び越え、新規に模索したり再構築したりという流れなのかしら?と思いました。

tama-memo.hatenadiary.jp

  明らかに違うのは、前回が一人一人の生活という小さなシステムの改革に焦点が定まっていたのに対し、今回は社会を有機物的存在として捉えた場合での変化に巻き込まれるという印象を持ったという事。

 進化なのか?退化なのか?革新なのか?滅びの序曲なのか?
 そこまでは正直、判りませんけども。

 
ここで一つ、オヤクソクを
 古代、占いは政治や戦争の重要局面を左右する側面もございました。
 しかし現代は、お天気から株価の上下に選挙の行方まで、膨大なデータとその解析でもって予測する科学の時代。
 時代が下っても占いという技術が生き続けているにはそれなりの『わけ』がありまして、だからといって占いの結果が全て!と盲信するのは少々問題かと。
 
 科学には科学の、占いには占いの、それぞれの良さや得手不得手がございます。
 それはどちらも、人間が使う『道具』に過ぎないからです。
 道具は使い方によっては大変便利ですが、間違った使い方をすると大怪我に繋がります。
 
 あなたの人生の主人公はあなた、占いは地図や羅針盤
 人生を楽しく歩いていくために華を添える道具と捉えていただきまして、あくまでもご参考程度に。使い方を間違えて、迷子になったりなさいませんように。

 皆様のハッピー、陰ながら応援しております。
 

いかがでしたか?

 最近は朝の挨拶と共に「梅雨明けはまだか……」と呟くのが日課になってしまっています。
 
 まだか……と言えば、我が家のリモートワーク体制も相変わらず続いております。たまに道具を持ち帰ったり、環境を整え直したりとしているうちに、家で仕事をしているのか会社に住み込んでいるのかの線引きが曖昧になってきました。
 
 落ち着かないわー(+_+)
 小さい室内テントでリモート用個室を設えたい←にゃんこの別荘にされるというオチが見えているので即NG。泣ける。
 

というわけで

 本日はここまで。
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 またね~バイバイ(ФωФ)♪