たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

オカアサン、めんどくさいなあ

ネコも楽しく長生きしてほしいから

 うちの子はごはんの好き嫌いがほとんどなく、銘柄を定期的にとっかえひっかえするという苦労はしていません。猫用おもちゃで遊ぶのが嫌いで、ヒトの後をくっついて回っては自己アピールに余念がないのはちょっと困っていますが。

 

 ウェットごはんよりも断然カリカリごはん派の彼は、流行のおやつに目もくれず、ひたすら普段のカリカリごはんを美味しそうに食べます。カリカリと、いい音を立てて食べるので、見ているこちらも「おいしそうだなあ」と思ってしまうくらい。

 

 そんな彼なので、天寿を全うするまでカリカリごはんを美味しく食べてもらいたい。そのために、丈夫な歯を保っていてほしい。

 ヒトは自分の歯が多い方がクオリティーライフが高く寿命が長い傾向があるのだとか。ネコもその点は一緒だと思うので、歯磨きは毎日欠かさず行っています。ブラッシングや爪切りは「シャー!」と嫌がろうとも、歯磨きだけは心を鬼にしてやるのです。そして、その後は徹底的に褒めます。

 うちの子は「褒められて伸びる男」らしいので。

 

とはいえ、嫌なもんは嫌なので

 

 あーあ、今日も歯磨きされたよクッソォー……みたいな顔をしています。

 

 普段は褒められると「まんざらでもないな」みたいな感じで、そこら辺に寝っ転がってるのですが、たまにある虫の居所が悪い日だと、上の写真のようにふてくされてしまうのです。

 おりこうねって褒めてるよ?と話しかけても、尻尾で床をバシバシ叩く抗議をするでもなく、ぶすっとしてしまいます。その様子がまるでヒトの思春期男子のようで、なんとも可愛いのです。可愛いですが、構い過ぎるとこちらが大怪我しかねないので、放っておきますが。

 

 彼がどう思っていたとしても「一日でも長く、一緒に楽しく暮らそうね」と。ただただ、そう願うばかりです。そして贅沢を言うなら、もうちょっとブラッシングと爪切りも、おりこうにやらせてくれると嬉しいです。