たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

黒面の狐

 アイツが今年もやって来たんですって

 アイツとは、アイツですよ!杉花粉ですよぅ。もう大泣きです。悲しいやら、アレルギー反応やらで。

 

 今年は目の症状は軽そうなんですけれど、鼻の蛇口は早くも「パッキン変えなきゃあ……」という態でございます。

 それと、歳のせいなのかなあ。本気出した冬のおかげで肌の乾燥がひどく、そのあたりから赤みやヒリヒリが。ここに花粉が乗っかったら大変なことになりますね。メイク禁止令が出そうです。怖い怖い。

 

メイクができなきゃ、お面被って出掛けたらいいじゃない←無理です

 今日の読書メモは、お面がモチーフの、ダークな雰囲気漂う御本について。狐のお面とかおかめのお面とか被って出掛けても「あら、あの方。花粉症が大変なのね、お大事に」と見て見ぬふりしてくれる、そんな優しい世の中にならないモノでしょうか。

黒面の狐

黒面の狐

 

 

読もうと思ったきっかけ
 以前に読んだ三津田さんの本が面白かったので。書き下ろしと聞いてワクワク。
 
三行感想
  • ホラー×ミステリー??ホラー要素を読み取れなかった私は何かが麻痺してるのかも知れない。読み返しても、江戸川乱歩に連なる探偵小説だと捉えてしまう。
  • 象徴的に『忌まわしい狐の話』は挟まれるけれど、怪異らしい怪異ではないので、怖かった!と言えないのがしょんぼり点。ワクワクしながら読み進められたのは嬉しいけど、それは探偵小説だから。
  • 自分で勝手に不完全燃焼してしまったので、足りないゾクゾクコワーイ成分は映画『悪魔の手鞠唄』で補うべきか?
 
今後にどう繋げる?
 映画の金田一シリーズで頭をリセット。
 
 
 0051/1000