たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

最近、心揺さぶられることありました?

 手帳を見返していて、ちょっと気になることがありました。手帳の中身が機械的な記述しかないのです。うれしいことも愉しいこともつまんないこともむかつくことも全部、単語で並べてあるだけ。この本読んでどう思ったのか?このラーメン食べて、どのあたりに感動したのか?ちっともわからない。
 これは小さいけれども根の深い問題かもしれないと思いました。日々、感動とは無縁で生きてるようなものだと思ったのです。無感動が記録されていくって、結構怖いかも。メモすることが目的になってしまって、地道に愉しく生きていくための手段でなくなっているかも。


 感動せよ!揺さぶれハート! ←波紋をだそうとか、そういう冗談ではなく。
 リハビリというほど大げさではないですが、対策を考えてみました。
 まず、手帳に書き込むためだけの行動はしないこと。ネタ探しの終わり無い旅に出たまま、いきだおれて仕舞わないように。次に、手帳に何かメモしたら一行感想を添える。まずは一行だけで書いてみます。一行では飽きたらず、ガンガン感想を書けるようになったら大成功。ルールはこの二つです。シンプルが一番。

 
 しばらく続けてみて、また賑やかで読み返すのが愉しい手帳になるといいな!と思います。人に見せびらかすことは無いけれど、自分自身には大いに見せびらかすものだから、やっぱり愉しげなページがいっぱいある方がうれしいのです。
 がんばれよー、自分。