たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

無水でシチュー



 冷たいお鍋に一口大に切ったベーコンを並べ、弱火でじっくり油を引き出すところから、ずーっと弱火で煮込むシチューです。無水鍋は持ってないのですけど、コップ一杯程度の牛乳以外はまったく水らしいものを使わないシチューができました。

 キャベツ、たまねぎ、椎茸(軸も)、えのき、シメジは、それぞれスプーンですくって一口で食べられるくらいの大きさに切りそろえておきます。
 ベーコンの油がジワーッと回ったところへ、たまねぎを入れて蓋をして5分。次はキャベツですが、量が多いので2回に分けて入れました。1回入れて蓋して10分、2回目のキャベツの時、一緒に隠し味程度の顆粒チキンスープと顆粒和風だし*1を入れて、蓋して10分。この間、ずっと弱火です。無駄に触らず、蓋をしてコトコトやります。お鍋の中身が2/3ほどに減ってくる頃には、だいぶ水分が出ています。
 キノコ類はすべてまとめて入れました。これまた蓋をして10分。うま味たっぷりの水分がたっぷり出て、良い感じのとろみもついていて(キノコのおかげ)、調味料の出番なしの美味しさになったところで、仕上げの牛乳を入れて一煮立ちさせたらできあがり。


 生姜やにんにくなどの「温かくなるスパイス」の類は一つも入れてないのですけど、食べたら体の隅々までぽかぽかになりました。普通のお鍋でも一時間かからずに無水でシチューができることがわかったので、この冬はたくさん美味しいシチューを作らなければとモチベーションがグッと上がりました。

*1:野菜の水分にキレイに溶け込むので混ぜなくてOK