読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

残穢

読書

残穢
残穢
posted with amazlet at 12.09.09
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 2349

 先日読んだ『鬼談百景』にゆるく絡んでくる、長編小説(というか創作ドキュメント?)。読んでいる途中も、読み終わってからもこれを「小説」と呼ぶのはどうにも抵抗があるんだけど、帯*1にはそう書いてあるから現状の業界では小説なのでしょう。

 
 夏の怪談祭り(参加者:私だけ)のクライマックスで本書を読んだのだけど、正直なところ盛り上がりに欠けました。地に足が着きすぎてるというか、気持ち悪さのキレが悪いというか、悪い意味で「真面目すぎる」って感じ。


 前述の『鬼談百景』の中に収録されている「とあるお話し」が、実は根深くてやっかいでね------というのが大まかな本書の内容なのだけど、淡々と・真面目に・飾り無しの「鬼談スタイル」そのままに長編を連ねたという印象で、怖い話を読んでるという雰囲気では無くなってしまったのでした。
 ただ、筆者と仲間達の取材力の高さは脱帽物!よくぞそこまでたどり着きましたねえと感心しきりで……うん、これも怖いとか気持ち悪いとかっていう範疇ではないなあ。



 『屍鬼』『黒祠の島』『魔性の子』ラインの小説を、どうしても期待してしまっていたので、この肩すかし感はどうにもぬぐえません。
 少しのあいだリフレッシュしたら、新装版『魔性の子』を読もうかな。

*1:帯の内容にも少々腑に落ちない点があるんだけど、それには今は触れないでおきます