読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

鬼談百景

読書


 夏休み、ちびちびと読み進めて、存分に楽しんだ一冊がこれ!お世辞でもなんでもなく、読み終えてしまうのが本当にもったいなかった。
 すごく気に入ったので、秋になっても何度も読み返してしまおうかなと考えています。


 99編の実話系怪談が納められているのですが、そのどれもが淡々としたレポートのよう。
 放課後の教室で神妙な顔をした友人が「あのね、これお友達のお兄ちゃんから聞いたんだけど------」のような身近な話を、無駄な装飾無く変な落としどころもつけず、ただただ聞いたままを文章にしたという感じです。だから、特にそれらしい理由も何もない怪異の話に至っては、よくわからないけど気持ち悪いねえと投げっぱなしのままなので、背筋のゾゾゾッが長く続きます。いい!


 1編1編は極々短くまとめられていますから、テンポも良くて、ページをめくる手が止まらないので、ついついハイスピードで読んでしまうのが困ります。
 怪談は一話ずつじーっくりと、なめるように味わいたいもの。細部にわたって凝りに凝った装丁も愉しみながら、残暑を乗り切りたいです。