たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

空の中

空の中 (角川文庫)
空の中 (角川文庫)
posted with amazlet at 10.10.08
有川 浩
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 2903
おすすめ度の平均: 4.5
3 青春SF小説
5 泣いたわー
5 白鯨が本当に存在しそうな気がする有川マジック
5 心がスカーッと晴れ渡る作品!
3 序盤で読むのを諦めた


途中で、読むのをやめてしまおうかと思いました。
読みにくい本ではないのです。むしろ、読ませ上手で、巧いと思います。
ただ、私が「正統派の、礼儀正しいSF」を読みたかったため、青春あり・恋愛あり・未知との遭遇あり・少年と動物(?)のハートフルな交流あり……と、何でも盛り込んである本書は、めまぐるしすぎて疲れてしまったのです。
TVを楽しく見ているのに、隣で勝手にザッピングされてる感じに近かったかなあ。


とはいえ。
未知の生命体とのコミュニケーションや、その生命体の成り立ちを推察していく過程など、スリリングなSF要素はとても面白かったです。傑作と評される、翻訳もののSF作品にも引けをとらないくらい、ワクワクしましたし巧さに感心しました。
飛行機乗りの彼女と特殊法人の彼の関係も、本編のスパイスとして効いていて好感度大。


今度本書を手に取るときは「豪華なSFエンタテインメントを読みたい!」という気分のときにします。
それならば、きっと存分に楽しんで、スッキリとページを閉じることが出来ると思うから。