たま@メモ魔通信

くらしの一コマ、ねこ、きもの、ラーメン、読んだ本、などなど「覚えておきたい出来事」を写真とともに(無いときもあるけど)メモ。丁寧にくらしてはいないし、断捨離もしてないし、OLもしてません。小さく楽しいメモでいっぱいにしたい。

肉巻きアボカドのワンプレート

ビールを美味しく呑むためには

 健康診断の結果がいろいろと気になる年頃になってきました。
 大好きなビールと、できるだけ長く美味しく付き合うためには日頃の体作りも重要だなあと身に沁みるようになったというわけ。いやはや。
 休肝日を設ける、揚げ物を控える、等々思いつくことは多々ありますが、もっと基本的なところで考えてみました。
 健全な精神は健全な肉体に宿るーーーーーー見るからに健康そうな肌つやや体型ならばビールを飲む姿はそりゃあサマにもなるというものです。なにより「ぷはーっ!やはり美味い」となるに違い有りません。というわけで、筋トレして低カロリー高タンパクな食事を程々に摂るというところから始めました。
 

カフェごはんっぽく、でもパワフルに

 ちょっと疲れがたまっているなあ、ドスンとしたもの食べたいなあ……という事で、豚バラを選びました。生姜焼きでも良かったけど、なんか代わり映えしない。そうだ!アボカドでボリュームアップだ!
 
 というわけで、豚バラでアボカドを巻いて焼きました。塩コショウで下味つけて、焼き上がりにお醤油を少々。このお醤油のおかげで、さらにご飯が進む仕上がりになりました。
 
 添えたのは無限ピーマンと、トマト×切り干し大根の和風サラダ。サラダを青海苔でお化粧したら、なにやらヘルシー思考のカフェっぽくなってきたー。と喜んだのも束の間、汁物の用意をすっかり忘れてしまってました。とほほ。
 知恵を絞った結果、ホット青汁を汁物のポジションに置いて、どうにかこうにか完成です。

グラスコードを作ってみました

メガネを掛けたり外したりするようになったので

 
 近眼なのですが、最近はメガネを外す事もしばしば……やって来たのです、老眼が。嗚呼!
 
 遠くを見るときはメガネがないと困りますが、縫い物したり本を読んだりするときはメガネ無しのほうが都合が良くなって来ました。特に縫い糸を針穴に通すときがきついのです。手元を遠くにやると針穴見えないし。
 
 そんなわけで。買うとまあまあお高いグラスコード、手縫いで作ってみました。
 行き当たりばったりで作ったのでアラは目立ちますが、とりあえずメガネが落っこちなければいいので気にしませんよ。
 

余り布でチクチク

 細く裂いた布を三ツ折りにして、まっすぐ縫いました。アクセントになるかと思って、三ツ折りの真ん中をあまり細かくない針目でチクチク。

 

 
 メガネの蔓を通す部分は、腰ひもの畳み方を参考にしました。
 腰ひもを五角形に畳むときの始めの部分っぽく折って、その形のまま縫い止め。他に部品を付け足すことなく、グラスコード(のようなもの)の完成です。
 

使い心地は

 ちゃんとグラスコードしてくれてます。落っこちません。
 あと、おまけみたいなものですが、布しか使ってないので非常に軽いのも利点でしょうか。
 今回は試作という事で愛想のない余り布で作りましたが、水玉とか格子柄みたいな可愛い印象の布で作ってみたらファッションの一部になるかもしれません。

プチ旅行気分

なかなか自由に旅に出られるわけではありませんので

 泊まりがけの旅行に行くのには、かなりの覚悟というか決意が必要です。私には。

 金銭的とか宗教上とか、そういう理由では有りません。

 シンプルに、ただ一つ。猫が居るから、であります。

 動物病院の先生方にも「稀に見る強敵あらわる」と呆れられたほどの暴君をペットシッターさんにお預けする勇気が無いのです。

 お友達や親戚など、迷惑を掛けるだけなのが分かっているので以ての外です。帰ってきたときの、国破れて山河あり的光景が目に浮かびます……旅行の計画すら立っていないのに。

パスポートがなくても台湾を満喫した気分

 しかし、時代は便利になりました。今、日本国内には本格的な海外グルメを格安でお腹いっぱい食べることのできるお店が沢山オープンしているのです。

 鎖国が続いていたらこうは行かなかったでしょうねえ。こういう時だけペリー様々だわ!と言っておきましょうね。

 

 というわけで、今回は台湾(屋台料理をメインに出してくれるお店)に行って参りました! 

 出てきたビールはプレミアムモルツ……このあたりがパスポート無しでいける現実を反映しております。良いのです、プレミアムモルツは美味しいビールですから。 

 お通しは台湾の細切り豆腐と極太メンマ。豆腐も美味しかったのですが、私はこのメンマの虜になりました。筋張ってなくて、柔らかくて、噛むほどに味わい深くて。

 ラーメン屋さんに行ってメンマや餃子で一杯やることに抵抗ないタイプなので、このメンマだけでもビールが進んでしまうのでした。困りますねえ。

 

 牡蠣のお好み焼き?風な焼き物。口当たりがつるんつるん、甘辛でおやつのように食べ進めてしまえます。

 なんでこんなにプルプルなの?と尋ねると、タピオカ粉を使っていると仰っていたかしら……既にほろ酔いでしたので、こまかいところはうろ覚えになっています。ごめんなさい。

 

 小籠包。美味しいスープをひと啜りすれば、たちまちニコニコになります。

 私は餃子と小籠包にはビールと決めつけているのですけれど、本場ではどうなのでしょうね?

 

 ほぼ〆には、エビのワンタン入りきのこと野菜のスープ煮込み。パクチーを好きなだけ乗せていいよ!なんなら有るだけ全部乗っけていいよ、追加で刻むから!というオプションが付いていました。こういうところが屋台っぽいなあ……とお腹いっぱい胸いっぱいでした。

 

 最後になりましたが。

 次から次へとオススメを出してくれるマスターと、サービス精神旺盛なママ、こういうオモシロ美味しいお店を見つける嗅覚鋭いお友達、精神的に落ち気味だった私を元気付けようと尽力してくれるお友達、暫しの間お家でお留守番してくれる家族と猫に。多謝、でございます。